English

 

活動案内

    教育啓蒙事業

    科学教育支援

    ・2016年夏休みの理科教室 終了しました。

     多数の参加者と小学生にとっては長時間の実験もありましたが、休むことなく楽しく実験や学習ができました。参加者の方々をはじめ、援助や共催支援をしていただいたひょうご環境体験館の皆様、自然観察実験塾の有志の方々に、厚くお礼申し上げます。

    2016年「夏休みの理科教室」のプログラムの概要と参加者数は下記の通りでした。実験会場の様子や実験内容などの詳細については各実験タイトルのリンクからをご覧ください(現在公開準備中です)。

    開催日時 プログラム名 参加者数
    7月30日(土)
     10:30〜12:00
     
     8月20日まで
    夏休みの理科教室1
    ーアゲハチョウの飼育と観察ー

      幼虫〜糸掛け糸くぐり〜前蛹〜羽化
      成長とともに変わる形態から学ぶ生物学
      
    19名
    8月6日(土)
     10:30〜12:00
     13:30〜15:30
    夏休みの理科教室2
    ープラナリアの再生実験ー

      脅威の再生能を持つプラナリアを切断、
      飼育して再生の様子を観察する。
      
    42名
    8月11日(木)
     10:30〜12:00
     13:30〜15:30
     要事前予約
    ープラナリアの採集(午前)ー
      プラナリアの再生実験
      プラナリアの再生過程の観察と再実験
      
    36名
    8月13日(土)
     10:30〜12:00
     13:30〜15:30
     要事前予約
    ープラナリアの再生実験 つづきー
      プラナリアの再生状況の確認
      宿題・レポート用写真撮影
      
    29名
    8月11日(木)
     13:30〜15:30
     
    中学校で習う遺伝学
    ー1週間でできるメンデル遺伝の実験ー
      遺伝学の実験を短期間で行う方法の開発予備
      実験と教育と内容に関する問題などの話し合い
      
    13名
    8月14日(日)
     10:30〜12:30
     13:30〜15:30
    夏休みのサイエンス体験
    〜ロボットと考える私たちの未来〜

    ロボットがやってきます。触れて、話して、遊んでみましょう。最新コンピューター技術の紹介もあるかも。

    106名

     

     

    ・2015年の夏休みの理科教室についてはこちらをご覧ください。



    ひょうご環境体験館 創立8周年記念講演 講演は終了いたしました。
      演題:昆虫が環境に適応するしくみ 
    ー休眠時計の遺伝子をさぐるー

     日時:2016年3月21日 14:00〜15:00

     場所:ひょうご環境体験館 シアター

     講演要旨:

    「昆虫は寒い冬を生き抜いて、春を迎え、元気に飛び回り私たちの 目を楽しませてくれたり、農業や生活の厄介者になったりします。 昆虫にとって冬を越すのは大変なことで、冬には休眠(冬眠)をし ます。これから冬になるぞと休眠の準備をするのですが、そのきっ かけは何でしょうか、また、どのようにして始めるのでしょうか? こんな問題への取り組みについてお話をします。」





    科学研究支援事業

    ・バイオリソースカレンダー画像とリソース情報  9月 (2016/9/1)

     

    分裂酵母
    Resource Institute: http://yeast.lab.nig.ac.jp/nig/

     

    9月カレンダー画像説明はこちら